新潟県上越市・長野県長野市を中心に近隣県で事業展開している和栗会計事務所/MMC総合コンサルティング株式会社

ホーム|  リンク|  個人情報に関して|  利用規約|  サイトマップ

税理士法人 和栗会計事務所

HOME税理士法人和栗会計事務所 > 事業承継コンサルティング

事業承継コンサルティング


事業承継コンサルティング対策会議のご提案従業員持株会


事業承継対策コンサルティング

あなたの大切な財産を守り、そして活かすために。
努力と汗の結晶である会社を円滑に承継する。

「事業承継」とは、会社を次の世代にバトンタッチすることです。
しかし、「相続」が親族間の問題であるのに対し、「事業承継」は従業員、販売先や仕入先などの取引先をも巻き込む問題です。つまり、一般的な「相続対策」より大きな視野で見据える必要があります。経営者にとって避けて通れない一大イベントでもあるわけです。


相続承継でこのようなお困りごとありませんか?

◎ 世間で「近頃自社株式の評価が高くなって困っている」という話を耳にするが、我が社はどうだろうか?

(1)具体的に相続評価上の株価を計算して欲しい。
(2)今後放っておくと株価はどうなっていくのか?
(3)子供・孫にこの会社をうまくバトンタッチしていきたいが、現状問題点はあるか?
(4)80歳の会長がまだほとんどの株を持っているが?
(5)名義株も含め株主が多く「経営権」の点で将来に不安。
(6)亡くなった社員の持株を引き取りたいが?
(7)親族等に分散されている株式を買い取りたいが、良い方法は?

◎ 株価評価についての短期・中期・長期的な方針をどう考えたらよいのか?

(1)評価を下げる、又は上がりにくくする方法はないのか?
(2)分社経営というような話を聞くがどんなことなのか?
(3)「従業員持株会」を創りたいが具体的な手続きは?
(4)最近「土地保有特定会社」だと言われたが何のことか?
(5)自己株式の売却により現金を取得して納税資金を作りたいが有利な方法は?

◎ 今後の事業展開のなかで事業承継問題も合わせて考えていきたい。

(1)ここ3年間の設備計画は株価にどう影響するか?
(2)この際土地の含み損を出して経営整備を図りたい。株価への影響は?
(3)複数の会社を持株会社ですべて統合して経営したい。
(4)複数の会社の株式関係を整理したい。
(5)兄弟で会社を分割したい。
(6)高収益部門を完全別会社にする方法は?
(7)営業部門等の子会社化を図りたい。
(8)複数の会社を合併したい。

◎ 法人・個人の資産保有関係が複雑…。どう整理したら?

(1)借地権は発生しているかいないか?
(2)会社への貸付金の整理方法は?
(3)会社が使用している個人の土地の遺産分けはどのように考えたら良いのか?

◎ 後継者がいなくて困っている。(息子が後を継いでくれない)

(1)M&A(企業の買収・合併)活用の可能性は?
(2)経営と所有の分離を図るようなことはできないか?


相続の具体的手順

1 相談 簡易の現状分析・おおよその財産の確認をさせていただきます。
2 資料収集 分析に必要な資料を送付していただくか、私どもで取り寄せます。
3 分析・検討 お客様の意向(財産・経営の承継、ライフプラン等)の確認をした上で財産評価・株価算定等行います。
4 レポート いくつかの対策案をまとめて提案させていただきます。
5 実行 「攻めの対策」をお手伝いいたします。

事業承継対策の実行ステップ

事業承継対策の実行ステップ


事業承継コンサルティング対策会議のご提案従業員持株会


このページのTOPへ