新潟県上越市・長野県長野市を中心に近隣県で事業展開している和栗会計事務所/MMC総合コンサルティング株式会社

ホーム|  リンク|  個人情報に関して|  利用規約|  サイトマップ

税理士法人 和栗会計事務所

HOME税理士法人和栗会計事務所 > 短期経営計画

短期経営計画




このページのTOPへ

経営計画シミュレーションの効果

会社の目的を共有できる

将来の経営ビジョン・経営理念を明確にして実現するための方針をたて、全社員で会社の目的を共有できます。


社長の迷いがなくなる

「目標は達成できるのか?」
新規事業への進出や、新店舗の開店を考えているが、どの程度で採算がとれるのか等、社長の迷いは様々。
経営シミュレーションでは「経営の模擬実験」が可能なため最適な意思決定をサポートすることで、経営に余裕が生じると共に課題に対して早め早めの手を打つことができます。


報酬や賃金の判断が可能

利益がかなり出そうなので、役員報酬の増額、従業員のベースアップを考えたいがどの程度にしたら良いか判断可能です。


有利な節税対策

利益がどれくらい出るのか予想し、有利な節税対策を準備できます。


金融機関の信用が高まる

銀行融資を受ける際最も重要なことは、過去の実績もさる事ながら今後の見通し。
経営シミュレーションで経営計画書を作成し、将来の売上・見込み利益・資金繰りなど「計画性のあるデータを明示」することによって、たとえ現状が赤字でも、堅実な経営姿勢が評価されて信用を築く事ができます。


人事評価制度につながる経営計画の策定

人事評価制度につながる経営計画を策定できます。


従業員と経営者の一体感

経営シミュレーションを媒体にして今後の経営についてベクトル(方向性)を統一することで従業員の働く目標がはっきりし、働く意欲が高まり、経営者との一体感を持てます。


このページのTOPへ