新規開業無料相談会

和栗マネジメントグループ

開業地選定のポイント

医院の開業の形態には様々なバリエーションがあります。先生の考える診療内容や資金の状況、メリットとデメリットを考え、最適な開業を選択しましょう。

1.開業形態のポイント

(1)土地・建物購入開業

<メリット>
地元密着型となり地域に根ざした医院作りが可能
設計段階から考えが反映でき、レイアウトや外観等を自由に決定できる
<デメリット>
投資金額が高額になる  住宅併設の場合、仕事とプライベートが混在する

(2)借地・建物購入開業

<メリット>
土地購入代金が必要ないためイニシャルコストを抑えられる
<デメリット>
あくまで他人の土地であるため、使用目的や使用状況に制限を受けることがある
地主とのトラブル等

(3)オーナーリース方式による開業(地主が建物を建築し、賃貸する方法)

<メリット>
土地・建物代金が必要ないためイニシャルコストを抑えられる
設計段階から考えが反映でき、レイアウトや外観等を自由に決定できる
<デメリット>
建築時にオーナー建設協力金・高額な敷金の支払が発生することがある
開業後、リース料が高額なためランニングコストが割高になる

(4)メディカルモール・メディカルビル等での集合開業

<メリット>
患者にとってワンストップサービスの提供が可能
他医院との連携により、患者に対しより質の高いサービスを提供可能
注意:複数の診療科目がバランスよく揃っているか

(5)テナント開業

<メリット>
既存土地・建物のためイニシャルコストを抑えられる
集客力のある建物であれば来患が期待できる
<デメリット>
スペース、レイアウトに制限がある
注意:2階以上の場合エレベーターはあるか
他テナントの業種確認(医療サービス提供の周辺環境としての適切性)
認知度の高い店舗・建物であるか

2.立地選定のポイント

競合診療科が少なく、潜在患者数が多い場所
交通機関等の利便性の高い場所
駐車場が確保できる場所
院外調剤の出店スペースのある場所

*診療圏調査について
「診療圏調査」とは、開業地選定にあたり潜在患者数の有無を確認する調査です。 しかし、これはあくまでも参考資料として捉えるべきもので、絶対的な患者数を表すものではありません。

<診療圏調査の手順>
診療圏マップを作成
選択する診療科目の受療率を設定
設定した診療圏内の人口の把握
潜在患者数の算定・分析